--年--月--日

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年03月04日

■ 定額小為替について考える。

バンダイより、注文した部品が届いた。

09030403.jpg

萌える封筒で。
ユニコーンガンダムとシナンジュがプリントされている。
クロネコメール便である。



09030402.jpg

中に小箱が入っていて、丁寧に梱包された部品が入っていた。
こんな風に送られて来るんだな。
てっきり部品単体で来る ( ゲート少し残して ) と思い込んでいたので、ランナーがその部品の周囲に綺麗に切り取られた形で来るとは、なんとも丁寧な仕事振りだ。

・・・この部品の隣の部品は、その後どうなってしまうのか・・・。




で、実は今回は、必要な部品以外にも部品を注文した。
また壊すかもしれないから、という意味合いもあるのだが、実はまったく別の理由が。







部品の代金は、定額小為替という聞き慣れないモノを使って支払った。
事前にネットで調べて郵便局へ行ったのだけれど、その時点で自分の頭の中では


部品代60円 + 送料120円 + ” 発行手数料10円 ” = 200円の定額小為替 + 10円 = 210円


のつもりだった。

しかーし、いざ郵便局へ行ってみると


『 振り出し手数料は1枚につき100円です 』


と言われビックリ。

なんと、郵政民営化の際に手数料の改定があったそうで。
一律一枚辺り100円の手数料が掛かることになったようだ。



・・・って、仮に50円の券がほしいときは、150円要るってこと?

高っ!!!



そうなると、部品壊すたびに100円余分に払うことになるし、そもそも部品代60円と送料120円では、最小金額が50円からしかない定額小為替では、キリの良い数字にすることが出来ん。

なので、当面ぶっ壊れそうな部品をまとめて買っておくのも手だね、ということで、500円の定額小為替で買えるだけの部品を購入したのであった。
もしかしたらソラも壊すかもしれないしね。

で、余分に支払った分は、切手で戻ってきた。

切手くれてもなぁ、、、って感じだけど。


この定額小為替を、世の中の人がどれくらい利用しているか解らないけれど、ちょっと不便っていうか・・・なんともスッキリしないというか。



それに、郵便の窓口で買えないしね(--;
切手買う窓口に行ったら 『 定額小為替はあちらです 』 と、隣の窓口に行くように言われた。
で、窓口には誰も居ないんだけど、郵便の窓口の人が 『 番号札を取ってお待ち下さい 』 って言うので、番号札発券機から紙切れ取って座ろう、、、としたとき、同じ人が 『 80番の番号札の方、どうぞ 』 って。


・・・なんというお役所業務(--;


お客も自分の他に殆ど居ないし、番号札無駄じゃね?


おまけに私が定額小為替を求めている事は既に知ってるはずなのに


『 どんなご用件でした? 』


って言いやがった(--;





・・・とまぁ、そんなこんなで定額小為替については、思ったよりも面倒なモノだった。
部品の注文は、是非ネットで決済できるようにしてもらいたいと思うよ。



さて、本日の食後工作。



09040305.jpg

手とガンポッド以外はすべて組みあがり。
根気良く表面仕上げも丁寧に行った ( つもり ) 。部品が多いと、ちょっとした修行気分に浸れます。


あとは部品の洗浄を行って、塗装、マーキング、仕上げ。
塗装後のマーキングが、一番大変そう。



| メイン |

コメント

::
うちの近くの郵便局じゃ、そんな事ありませんでしたよ

て言っても、はがきをどこで買えばいいか分からずに隣のカウンター行っちゃったってだけなんですけどね…
::
家人が違うメサイアの部品を壊しましたので、またまた部品請求するはめに(><)!

面倒!!


コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。