--年--月--日

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月22日

■ 球春?

本日は、今年初めてのソラさんの練習試合。

にしても、いくら暖冬だからって




寒すぎ(--;




子供らは動いてるから良いものの、見てるこっちは・・・
・・・身震いしながらの観戦。

試合前の練習を見る限り、チームの底力は相手チームが明らかに上。
ウチのチームは、相変わらずユルユルなので、勝てる気が全くしなかったのだけど。




結果は、2試合やって2勝。




しかし、内容的には褒められたものではなく、試合後にコーチ陣からお叱りを散々受けていた。







ヤツらの場合、野球云々以前の問題が多い。
緊張感が無い、集中力が無い、話を聞かない等々・・・、取り組む姿勢に大いに問題の有る子が半数ほど。
真面目に取り組もうとしてる子の足を引っ張る形となってるのが問題。

スポーツ少年団なんて、試合結果は二の次、くらいに思っている。
スポーツを通して健全な精神と身体を作る、ってのがお題目なんだけど、本当にそうだと思う。

特に近年は小子化や治安の問題で、子供たちが昔みたいに遊べなくなっている。
どうしてもインドアが中心になっちゃうので、スポーツ少年団での活動は、それを解消する手段の一つだと認識している。

昔は、幼稚園児から小学6年生まで一緒になって暗くなるまで外で遊んだものだ。
その中で、やっていいことや悪いこと、他人への思いやり、冒険心、上下関係など、色んなものを自然に培ってきたような気がする。




今のチームは、単に週末集まって楽しく野球ゴッコをやる、って感じ。
大人の言う事は聞かない子供が多いし、それを厳しく叱ることも余り無い。




野球のプレー云々の前に、もっとしっかりとした教育を施す必要があると思う。
親も悪いんだけどね。








| メイン |

コメント

::やっぱり
どこにでもそういうことってありますね。。。

うちらも稽古そのものは厳しくても、一礼とか挨拶とか整列が今ひとつきちんとできなかったりして、

親がもっと厳しく指導しなくちゃ!と思うし、
自分の子じゃなくても必要なときには堂々と、しっかりと叱る風土づくりが大事だな~って思います。
::
整列とか・・・(^^;
できんねぇ・・・。

挨拶もそうだけど、最近の子供って大人に対してメッチャタメグチじゃないです?
コーチの話し聞くときにポケットに手を突っ込みながら聞くってどうよ?

自分がコーチの一人なんで、バシバシ怒っては居ますが。
それでも、半分くらいの子は、ぜんぜん堪えてない感じ。

家で、キチンと教えられてないんだと思う。そういうのは、親の責任ですよねー。


コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。