--年--月--日

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月15日

■ 健康促進法に基づき、社内禁煙。

積年の懸念事項であった、社内での受動喫煙問題。
徐々に喫煙者を排除して行ったものの、会社トップである社長、常務が率先してタバコ吸いまくり状態の中、事務の女子が御懐妊したことを機に一気に嫌煙の機運が高まると思いきや、まるで他人事と言わんばかりに禁煙が始まる様子も無く・・・。

実は、懐妊した事務の女子、受動喫煙による健康被害についてカナリ無頓着・・・だった。
折に触れ、受動喫煙によって早産になる可能性が高くなること、喫煙者と同じ部屋にいて一日にタバコを5本分くらいの受動喫煙で、胎児にニコチンが廻ってしまうことなど切々と説いた結果、立派な嫌煙家に成長。

我が社きっての嫌煙家であるK氏により包囲網はドンドン狭められていったのだが、遅々として進まぬ禁煙化に業を煮やしたK氏が、とうとう社内の壁に


” 健康促進法に基づき、社内禁煙! ”


と、壁毎に張り紙を掲示。

これにより、さすがの常務も観念したようで


『 法律なら仕方無い 』


と、泣く泣く社内での喫煙をやめる運びとなった。




これでめでたく、煙の無い快適な職場で仕事をする事ができることとなった。




しかし、社長のくわえタバコは、未だ治らず(--;








| メイン |

コメント

::社内禁煙
某局は、分煙です。
いろんな場所に喫煙ルームが出来ていて、それぞれがガラス張り
まるで動物園状態です…

「くわえたばこ」最悪ですなあ。。。
身近に健康被害や、火災など災害がふりかからないと分からないのかな?
でもそれでは、遅いのに…
::
ガラス張りの喫煙室、多いですよねぇ最近。
そうそう、路上喫煙禁止の所って多いじゃないですか。前東京でバス待ってるとき、新宿の当該地域で自分の隣でメッチャタバコ吸ってるお爺さんが居たので『ここ禁煙ですよ』って言ったら、『外なのに禁煙なんて、馬鹿な話しあるか!』って叱られたんで、パトカー呼んでおきました。
うぷぷ。


コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。